幻惑の森の固定シートを作成しました。

リターナーショック事件

2016年4月20日に大規模なアップデートが行われました。

新世武器や3ボタン操作など「新体験」というEP4のテーマに相応しい、新しいシステムが色々と追加され、盛り上がりをみせています。

しかし皮肉なことにその翌日、アップデートの話題をかき消すような「新体験」な不具合まで発生し、PSO2の歴史に大きな傷跡を残してしまいます。

概要

4月21日の早朝から昼頃にかけて、Twitterを中心に話題となり発覚。

ショップエリア2階のユニットショップにて、リターナーⅡ付きのユニットが販売されていることが判明し大きな反響を呼びました。

誤発注によりリターナーの価値が大暴落したため、ジェイコムショックになぞらえてリターナーショックと揶揄されています。

販売価格

2016y04m21d_110148196

他のユニットの販売価格と変わらない3,000~4,000メセタ。

今までの価値からすると破格の値段ではあるものの、エピソード4で強化関連は緩和していく方針が打ち出されており、ちょうどこのタイミングで新世武器が導入されることもあって、不具合なのか、緩和されたものなのか迷うプレイヤーも多かったようです。

ちなみにリターナーⅠ付き2スロユニットの平均的な相場は2M(2,000,000)前後。

クロトのオーダーで1週間で稼げるメセタがそれぐらいの金額なので、この特殊能力の価値が高いというのは初心者の方でも想像に難くないでしょう。

今回ばら撒かれたのはその上位互換のリターナーⅡですから、安く見積もっても、2つのリターナーⅠを合成した4M(4,000,000)相当のものがわずか4,000メセタで買えたことになります。

何故リターナーは貴重なのか

最強の能力補正に加えて、集めるのが大変だからです。

このリターナーという特殊能力は、中々遭遇することがない「アブダクション」という特殊なクエストのクリア報酬でのみ入手できます。

しかもリターナーが付与されている「ブーストオーラ」というユニットは、マイショップに出品することが出来ず、別のユニットに合成するリスクが発生するため、なかなか流通しません。

また、リターナーの効果自体も非常に強力で、最終形態のVはアストラルソールと同じ性能。

必要な素材を集めるのが大変な上に、強力な効果があるということで、廃人クラスのプレイヤーが一種のステータスとして愛用していた特殊能力です。

のわーる

リターナーVのユニットなんて、凄すぎて逆にドン引きされるレベル・・・

リターナーの効果

HPPPステータス
リターナーⅠ+3+1全て+3
リターナーⅡ+5+2全て+5
リターナーⅢ+10+3全て+10
リターナーⅣ+15+4全て+15
リターナーⅤ+30+5全て+30

満遍なく全ての能力が上昇し、アストラルソールとリターナーⅤの2スロだけでHP+65、PP+10、ステall+65という驚異の能力を作ることが出来ます。

この事件の経緯

  • 4月21日
    Twitterで話題

    ユニットショップでリターナー付き装備が販売されている情報が拡散。

  • 4月21日
    緊急メンテナンス

    13時45分頃、公式サイトとゲーム内で「14時から緊急メンテナンスを行う」アナウンスが入る。

    20時50分頃、緊急メンテナンス終了。不具合が修正される。

  • 4月21日
    この時点での対応
    • 「サブ/アドマインドe」をショップから排除
    • 購入済みの「サブ/アドマインドe」はそのまま放置
    • 今後「リターナーⅢ」付きユニットが入手できるクエストを配信
    • お詫びのアイテムを全プレイヤーに送付

    この時点では買ったもん勝ち。今後「リターナーⅢ」をばら撒くことで、相対的に無価値にする方針のように思われた。

  • 4月22日
    急遽ユニット回収へ

    19時30分に突如ユニットを回収することを告知。

    この時点からユニットショップで「サブ/アドマインドe」を購入したアカウントが一時的に凍結される。

  • 4月22日
    回収されなかったもの
    • マイショップで購入したもの
    • トレードで貰ったもの
    • チーム倉庫に入れていたもの
    • 合成で別の素材に加工したもの
    • ユニットを売って得たメセタ
  • 5月18日
    購入費の補償が完了

    回収した「サブ/アドマインドe」の購入費が返金され、この騒動は終わりました。

Twitterのトレンドに乗るほど

最初は不具合の問題がリターナーであることは伏せられており、メンテナンスが開始され1時間後に、正式にリターナーが原因だと発表されました。

公式で告知されるまで、ユーザーの間では不具合の内容について憶測が飛び交いましたが、「スマートインナー」が問題になったんじゃないかという意見を出すユーザーが多く見受けられたのは面白かったです。

今回のリターナー騒動は「緊急メンテナンス」と合わせて、Twitterのトレンドにしばらく残るほど話題になりました。

4月21日時点での運営の対応

「サブ/アドマインドe」をショップから排除

メンテナンス終了後より、リターナー付きのユニット「サブ/アドマインドe」がユニットショップに陳列されることはなくなりました。

しかし「サブ/アドマインドe」を購入したプレイヤーに対する処罰等や、合成したり販売してはいけないという警告は一切なし。

この時点では問題のユニットの回収もなかったので、直接ユニットショップから購入したアークス以外にも、この不具合ユニットは流入されることになります。

今後配信されるクエスト報酬に「リターナーⅢ」付きユニットを設定

XH難易度の「アブダクション」の報酬アイテムにリターナⅢが付与されるようです。

お詫びのアイテムを送付

SG10獲得チケット×1、トライブースト+100%×1を配布予定

4月22日、急遽ユニット回収へ

不具合ユニット購入者のアカウントを一時凍結

経済やゲームバランスへの影響を考え、リターナーⅡが付与されているユニット「サブ/アドマインドe」を回収することが決定。

19時頃から「サブ/アドマインドe」を購入したアカウントは一時的に利用停止になりました。

23時頃、不具合ユニットの回収完了

「サブ/アドマインドe」の回収とアカウントの利用停止解除の告知がされました。

これにより大半の「サブ/アドマインドe」が回収されたでしょうが

今回の不具合で購入されたユニットであっても、特殊能力追加にて「リターナーⅢ」などに変更されたユニット、および上記に該当する購入者以外の方がマイショップ/トレードなどで入手されたユニットに関しましては、調査の結果、ゲーム内経済やゲームバランスへの影響は少ないと判断いたしましたため回収の対象としておりません。

特殊能力「リターナーⅡ」が付与されたユニット購入者への対応についてより引用

とあるように、ユニットショップ以外のマイショップやトレード等で入手されたものに関してはノータッチであるため、現在でもその禍根は残っている状態です。

プレイヤーへの影響

ユニットショップ購入組について

大きく3通りに分かれます。

  • 「サブ/アドマインドe」を倉庫にしまっていた人
  • 「サブ/アドマインドe」をマイショップで販売した人
  • 「サブ/アドマインドe」を合成して素材として使った人

「サブ/アドマインドe」を購入する際に使ったメセタは後日返金されるので、リターナーを自分で使おうと倉庫にしまっていた人は、基本的に損をしなければ得もしていないはずです。

強いて言うならば一時的とは言え利用停止になり、緊急に参加出来なかったことぐらいですね。

次にマイショップですぐ売ってしまった人、この方々は得をする形になりました。

販売により得た利益は回収されたりしていないようです。

そして購入した側も、ユニット回収後のリターナーの相場が倍近くに上がっていることから買って損をしたというプレイヤーは少ないでしょうしある意味winwinな関係ですね。

最後に合成素材としてリターナーⅡからⅢや別ユニットに加工した人、この方々がこの騒動で最も得をした人たちでしょう。

加工したものに関しては回収の対象に入っておらず、またユニット回収後、相場が急増しているので、すぐに売った人より多く稼ぐことも自分で使う事もできます。

いずれにせよ直接損をした形となるプレイヤーはあまり考えにくく、この騒動を端から不具合と判断し拡張倉庫にまで手を出した場合に、拡張倉庫が無駄になったと嘆いているぐらいです。

マイショップ購入組

マイショップで購入した「サブ/アドマインドe」に関しては回収の対象となっておらず、また回収後にリターナーの相場は倍増しているので、得をしたプレイヤーが多いと思います。

騒動前からリターナー装備作成組

2016y04m23d_021153866

回収で少しマシになったとはいえ不具合前の価格から大幅にリターナーの相場が下がっています。

騒動前からリターナーを使えるような廃人からしてみれば、メセタのことなんかよりも、この騒動で今までは付けていると畏怖されるぐらいステータスであったリターナーのイメージを悪くされたことが、何よりも許せない問題だそうです。

総評

今回の騒動は、運営が出し渋っていたリターナーという資産をユーザー側が奪取した形であり、ユーザー同士での取り合いではありません。

ですから、ほとんどのユーザーが直接損をしたわけではないものの、不公平感が大きく残る形となってしまいました。

現に、運営側が「ゲーム内経済やゲームバランスへの影響は少ない」と判断していることから、実際にこれで大儲けした人は限られているのでしょう。

しかし、少なからず「不具合で大儲けしたプレイヤー」が存在する。

この事実は、地道に金策を頑張ったり課金しているプレイヤーのやる気を大きく下げるでしょうから、面倒でもこれで得たメセタの回収は徹底的に行うべきだと思います。

漫画:カイジに登場する兵頭会長の言葉に「公平である必要は無いが、少なくとも 『公平感』 は客に与えねばならんのだ」という至言がありますが

(ちなみにそんなやり方では…搾り取れんだろうが…下民どもから…!と続きます)

今回の騒動で発生したこの「不公平感」は、単に経済やゲームバランスだけに留まった話ではなく

「PSO2をプレイする意欲」という形で、至る所に響いてくるであろうことを考えると、今まで起きた不具合の中でもかなり致命的な事件だったように感じました。

2018年追記

記事を覗いたついでに、読みにくかった部分を少し変更しておきます。

また似たような時期に、SGが無限に手にはいるという不具合が起きたため、この事件を思い出しました。

運営アンチの風は、以前から吹き始めていましたが、改めて振り返ると、この頃の事件を皮切りに一気に強くなったように思います。

今だからこそ言える意見ですが、ロールバックも視野にもう少しきちんと対応すべきでしたね。

この事件で引退を決めた方もいるでしょう。

4 Comments

どこかのアークス

※5
一度修正された不具合で最近また再発したやつだな。
またひっそりとサイレント修正されたらしいがこれも無かった事にしたいだろうね。

返信する
匿名

※5
それは数年前から報告のある現象で、最近のSSDなら影響はあまり無いそうですよ。

返信する
匿名

PSO2を起動するとOSシステムのレジストリ値が書き換えられるような
(SSDの寿命が縮むとかなんとか)

運営はもうどうしようもないな

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。