全ペットのキャンディーボックス記事を更新&まとめページ作成

各ペットにおすすめの性格

各ペットにおすすめの性格を紹介します。

とはいえ、レアリティ☆14で上位互換の性格に変更できるため、あまり気にしなくていいですよ。

ペットの性格とは

ペットには性格というステータスがあり、性格によって得られる効果が異なります。

性格は1~5のレベルがあり、ペットのレベルと連動して上昇します。

のわーる

武器で言うところの「潜在能力」ですね。

性格はペット毎に決まっている

各ペットの性格は以下の通りです。

種類性格効果
ワンダ&ジンガ晴れ好き天候が晴れの時、威力上昇(12%)
こんじょう致命傷を防ぎ、一定時間威力上昇(15%)+無敵
パワフル(☆14限定)アイテムドロップ率上昇と「晴れ好き」+「こんじょう」の効果
トリム&エアロがんばりや威力(15%)とPP消費(30%)上昇
おりこうさん状態異常のエネミーに与えるダメージ上昇(21%)
エリート(☆14限定)アイテムドロップ率上昇と「がんばりや」+「おりこうさん」の効果
サリィ&ポップルてきぱき攻撃時のPP回復量が上昇(30%)
やさしいペット交代時、交換先のペットのHPを回復
ポップ(☆14限定)アイテムドロップ率上昇と「てきぱき」+「やさしい」の効果
マロン&メロン逆境ペットのHPが25%以下の時、威力上昇(17%)
やせ我慢ダメージを受けた際、確率でHP回復
キュート(☆14限定)アイテムドロップ率上昇と「逆境」+「やせ我慢」の効果
ヴィオラ目立ちたがり敵へのヘイト率が上昇。被ダメージ減少(10%)
いやし系控えにいるペットのHP回復速が上昇
シンクロウなかま思い気絶したペットの次に出すと威力上昇(12%)
こうかつ気絶したペットの次に出すと消費PP減少(20%)
レドランとうそうしんペット付近のエネミー数に応じて威力上昇(0%~12%)
あばれんぼうエネミーを1体撃破する毎に威力上昇(2%)。上限50%まで
ラッピーはやおきペットが気絶から復帰する時間短縮(33%)

※超が付くと上記の効果に加えて「アイテムドロップ率上昇」の効果が加わります。

ペットの性格は変更可能

レアリティ進化を行うと「使用したエッグの性格」に変更することが出来るので、わざわざ理想の性格を厳選して孵化させる必要はありません。

属性と性格が理想的なエッグというのは中々手に入りにくいこともあり、まず理想の属性のエッグを孵化させて、レアリティ進化で好みの性格にするというやり方が一般的です。

各ペットにおすすめの性格

ワンダ&ジンガ

・パワフル

言うまでもなく、2つの性格効果を有する「パワフル」択一です。

パワフルが選択できない☆13以下の場合「晴れ好き」がおすすめですが、最終的にはパワフルになるのでどちらでもいいと思います。

トリム&エアロ

・エリート

上に同じ。あえておりこうさんにすることで消費PPを軽減出来るという見方も出来ますが、低燃費のワンダが活躍する今、その利点は無いと言ってもいいでしょう。

☆13以下の場合は、単純に威力が上がる「がんばりや」がおすすめです。

サリィ&ポップル

・ポップ

上に同じ。とはいえ「やさしい」の恩恵はほとんどないので、他の☆14ほど何かが変わるというわけでもありませんが……

☆13以下の場合は「てきぱき」がおすすめです。

マロン&メロン

・キュート

上に同じ。「逆境」の効果が強すぎて見向きもされていませんでしたが、「やせ我慢」の回復は地味に嬉しかったり。

マロンストライクには「逆境」の効果が適応されますが、メロンストライクには適応されないため、☆13以下の場合、マロンは「逆境」メロンは「やせ我慢」がおすすめです。

ヴィオラ

・目立ちやがり

敵がプレイヤーへ攻撃しにくくなるので、ソロで高難度のクエストに行く際に重宝します。被ダメージ軽減効果も悪くないですしね。

いやし系は、ペットをわざわざ控えで回復させたりしないこともあり、あまり効果を発揮できない性格です。

シンクロウ

・なかま思い

基本的にコア露出やダウン時のような短時間に活用するペットなので、燃費よりも威力上昇させるほうが活躍できます。

レドラン

・とうそうしん

正直、レドラン自体がとても使えないペットなので、レドラン接着プレイが前提の「あばれんぼう」はおすすめ出来ません。

ラッピー

・超はやおき

ラッピーは現在「超はやおき」しか性格が存在しないので、他のペットのように性格を選択するということはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。