【4月9日】ブログの更新を再開しました。不束者ですが本年もよろしくお願いします。

モタブの禁書、実装されてすぐに下方修正

4月11日のアップデートで新たに追加された☆14武器「モタブの禁書」ですが、あまりにも強すぎるらしく、下方修正されるようです。

モタブのゾンディールが強すぎるみたい

この下方修正は潜在能力の特殊な仕様が原因。

「幻典の秘術」というもので、威力が13%上昇という基本バフに加えて、補助テクニックをチャージしなくてもチャージ状態で使えるという特殊な効果があります。

補助テクニック
シフタ、デバンド、レスタ、アンティ、ゾンディール、ザンバース、メギバース

そして赤字で強調したゾンディールが今回の問題児で、チャージされた状態の起爆ゾンディールを即座に連発することが出来るため「容易に高いダメージを出すことができてしまう」案件に該当。

実装されて間もないですが、下方修正の対象となりました。

のわーる

敵をまとめる補助テクニックってイメージですが、ちゃっかり攻撃できちゃうんです!

即座に起爆ゾンディールが使えるとだけ書くとピンと来ないかもしれませんが、実は雷迅のテクニックカスタマイズを行うことで威力が最大+500%上昇。

高い攻撃補正を持つものの、チャージ時間が大幅に増えて扱いにくくなるため、今まで見向きもされてませんでしたが、モタブの潜在効果があればデメリットを気にせず高い威力上昇効果だけを享受できます。

さらにスキルでボルトテックPPセイブなどを取得すれば、少ない消費PPで広範囲の遠距離設置型攻撃を素早く展開できるということで、☆14に相応しい優れた性能を有しているそうです。

まさに次世代のエリュシオンというべき立ち回りが大きく変わる武器みたいですね。

一夜にして下方修正

ということでアップデート翌日の2018年4月12日に下方修正告知が入りました。

潜在能力「幻典の秘術」のバランス調整について

2018年4月11日(水)の更新にて追加された、潜在能力「幻典の秘術」とテクニック「ゾンディール」を組み合わせることで、威力の高い攻撃をチャージ時間0秒で連続して使用することができる問題を確認しております。

上記の問題は戦闘バランスに大きな影響を与えているため、下方修正の必要があると判断いたしました。
つきましては、誠に申し訳ございませんが、以下の下方修正を実施させていただきます。

潜在能力「幻典の秘術」にテクニック「ゾンディール」の威力が低下する効果を追加いたします
今後の更新に向けて対応を進めておりますので、しばらくお待ちいただきますようお願いします。

潜在能力「幻典の秘術」のバランス調整について

ゾンディールを潜在効果の対象から外すとかではなく、威力を下方修正してきたあたり、起爆ゾンディールに活用することが出来る点は想定済みだったと思いたい。

テクニックカスタマイズの存在を忘れていて、思わぬダメージが出たため下方修正・・・雷迅地味だしそれならまだ・・・

流石にゾンディールが攻撃に使えるという基本的な仕様を忘れていたため生じた「容易に高ダメージ案件」とは思いたくないです(‘ω’)

>戦闘バランスに大きな影響を与えているため

ただ、ヒーロー追加して今更この言い種はないでしょと思いました。

どうせしばらくは極一部の人しか手に入らないでしょうし、フォースなんて今は絶滅危惧種。多少強かろうがそのまま目玉武器として人寄せにすればよかったんじゃないですかね~

まあよほど大幅な下方修正をされない限り、修正後もゾンディールを範囲火力として使えそうではありますし、ゾンディール抜きにしても強力な武器であることには違いないんですけどね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。