宝石のようなPSO2が帰ってきた

フリーフィールドのレア堀りはいいなと感じたアップデート。

やはり「好きな時間に始めてやめたい時に終わる」ことが出来るクエストって素晴らしいですね。

懐古主義だと後ろ指をさされるでしょうが、この手のマルグル形式のレア堀りが活発だった時期は、PSO2もなんだかんだ盛り上がっていたように思います。

開発の配慮がうかがえるクエスト

おそらく敵が異様に硬い点については不満に思う方がいるでしょうが、個人的にこれはいい判断だなと思いました。

というのも、マルグル形式のクエストが潰された理由として「運営が想定した遊び方」ではなかったのが一番なんでしょうが、敵がすぐに溶けて近接クラスが攻撃できないことから、クラス差別や苦情が生まれるなどの問題があったためです。

正直、私も「かてーよ」と思うんですが、これぐらいタフだとヴェイパー等の起動力もそこまで脅威にならず、ヒーローへの不満に配慮した調整をされているんだなと感じました。

のわーる

下位クラスでも気兼ねなく参加できますね

また、過去の探索レア堀りでは出来なかった「プレイヤーが多い場所に合流する」機能や、ダークブラストゲージが回復する要素など、アルティメットクエストでよかった点や問題になったところを取り込んでおり、とても遊びやすいクエストに仕上がっていると思います。

ボード系の☆12ユニットの全ての部位が落ちたり、デモニア系を筆頭に☆14武器の出土数も中々いいようなので、遊びやすいだけでなくドロップが美味しいのも素晴らしいですね。

実装翌日のレコード

久しぶりにレア堀り頑張ろうと思えるクエスト。

エピソード5で追加されたクエストの中で一番楽しめそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。