全ペットのキャンディーボックス記事を更新&まとめページ作成

ペットプラス値を効率よくあげる方法

育成要素の一つでもある「ペットプラス値」を効率よく上げる方法を解説します。

「ペットエッグに戻す」という機能を使うことで、クールタイムを待たずにペットプラス値を上昇させることが可能です。

基礎知識

ペットプラス値の仕様について軽く触れておきます。

  • ペットの種類に応じて上限が違う。
    →ワンダなら打撃力が90。法撃力が130まで上昇可能
  • 全てのステータスを上限まで上昇できる。
    →マグのように配分を考えて割り振るものではありません

取り返しのつかない要素はないので、深く考えずに合成して大丈夫です。

「エサ用ペット」の作り方

やることはいたってシンプル。

  • STEP.1
    ペットを解放する

    どの種類でも構わないのでペットを解放します。

    分かりやすいように名前は「エサ」などがおすすめです。

  • STEP.2
    エッグ合成をする

    あとは普通のペット育成と同様で、エッグ合成を行います。

    ここで注意すべきは、必ず「ペットプラス値がある」ペットエッグを合成するということ

    EXPエッグもそうですが、ペットプラス値が全て+0のエッグを合成する意味は皆無です。

  • STEP.3
    ペットをエッグに戻す

    ペットラボで「ペットエッグに戻す」という機能があるので、必要に応じてエッグに戻しましょう。

    蓄積されたペットプラス値がそのままのペットエッグが完成します。

  • STEP.4
    「エサ」として使用する

    あとは本命のペットにエッグ合成するだけです。

    一気にペットプラス値を上昇させることが出来ます。

  • STEP.5
    完了

のわーる

エサ用のペットを常備することで、バッグを圧迫するエッグを捨てずに利用することが出来ますよ。

応用例

この「ペットエッグに戻す」という機能を活用することで、SGを消費せずに短時間でペットプラス値をカンストさせることが可能です。

  • STEP.1
    「エサA」ペットを作る

    「エサA」と名付けたペットにエッグを5つ合成。

    これを5匹作成します。

  • STEP.2
    「エサA」ペットをエッグに戻す

    「エサA」ペットを全てエッグに戻します。

  • STEP.3
    「エサB」ペットを作る

    「エサB」と名付けたペットに先ほど作成した「エサA」エッグを全て合成します。

  • STEP.4
    「エサB」ペットをエッグに戻す

    作成した「エサB」ペットをエッグに戻します。

  • STEP.5
    これを繰り返す

    上記の要領で、どんどんエッグを合成するだけです。

    エッグに戻す費用が嵩みますが、クールタイムを待たずにペットプラス値をどんどん上げることが出来ます。

新規ペットを育成する場合

  • レベルはペットラボの☆12EXPエッグ
  • プラス値は上記の方法

これらの手法を取ることで、短時間でペットの育成を終わらせる事が可能です。

☆14ペットを入手したからサモナーを始めようと言う方は、ぜひ活用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。