pso2攻略サイト 箱通信

pso2の最新情報やクエストの攻略法などを紹介しているブログです。

大和問題についての批評

      2016/03/22

アップデートの内容に関して

pso2関連のブログや掲示板が荒れたりするのは、毎度のことなんですが

今回はyahooニュースのトップにも出るほど

ネット界隈全体で話題となった騒動になってしまいました。

 

どうして騒がれているのか

問題になったのは5月頃のアップデートで追加される

EP4の新レイドボスエネミー「幻創戦艦・大和」

皆さんご存知の戦艦大和をモチーフとしたエネミーで

その公開PVにて大和の船首に菊花紋章が付いていたことが

この炎上の主な原因とされています。

厳密には菊花紋章とはデザインが若干異なりますが、酷似しており

公式サイトの説明でも

今回の「幻創戦艦・大和」の菊花紋章は戦艦大和に搭載されているものとは細部が異なります。
菊花紋章は戦艦大和のデザイン上においても重要な部分です。
「幻創戦艦・大和」を登場させる際に、その重要性を尊重し、変更をなるべく抑えることで進めておりました。

「幻創戦艦・大和」についてのご説明より引用

 

とあることから全く無関係のものというわけではないようです。

 

菊花紋章があると何が問題なの?

所謂、菊タブーといわれる奴です。

菊タブー(きくタブー)は、日本の天皇・皇室に対する批判やパロディーに対する禁忌(タブー)、及び直接的暴力も含む圧力の総称(通称)。天皇・皇室の紋章が菊(菊花紋章)であることから、婉曲的にこう呼ばれる。

wiki 菊タブーより引用

 

噛み砕いて言えば、天皇陛下の紋章がこの菊花紋章でして

国の象徴である天皇陛下の紋章をゲームに使い

それに対して攻撃させるというのはrightじゃないというのが

rightな方の言うところの今回の問題点です。

他にも大和自体が日本を代表する戦艦なわけですから

菊花紋章が仮になくても、大和を攻撃すること自体に否定的な意見も見られます。

とまあ政治的な話が絡んでくるため

pso2ユーザー内だけに留まらず話題になっているわけです。

 

開発側の対応

紋章のデザインを変更

これまで、「戦艦大和への敬意を大切にして、新たな幻創戦艦・大和の姿を描きたい」という思いで準備を進めてきましたが、菊花紋章があることで心情的部分にご納得いただけない方への配慮が足りなかった点について反省しています。
最終的に、ご意見をいただいた皆さんのお言葉を真摯に受け止め、ゲームをよりたくさんの方に楽しく遊んでいただくため、オープニングムービー、パッケージ、ゲーム内共に登場する「幻創戦艦・大和」についている「菊花紋章をまったく別のデザインに変更する」ことといたしました。

「幻創戦艦・大和」についてのご説明より引用

 

結局、紋章のデザインが変更になってしまいました。

菊花紋章の部分が別のマークに変わっています。

 

そもそも何故「大和」なのか

pso2をプレイしてない方にとっては

大和が敵として出てくるRPGなんて訳が分からないと思うので

憤りを感じる人がいるのも無理がない話だと思いますが

pso2プレイヤーからすれば、流れ的に出てきても不思議ではないと感じています。

舞台は日本の東京で敵は幻創種

今行われているEP4の舞台は日本の東京

そこで出てくる敵というのは、地球人の恐れや想像を具現化した幻創種というもので

例えばゾンビだとか戦車だとか

そういう襲ってきたら怖いなあと思うものが、具現化して敵として登場しています。

その前提を踏まえた上で、レイドボスに相応しい日本を代表する大きくて強い存在…

現在地球では中ボスに位置する敵キャラとして戦車やヘリが既に出てきてることを考えますと

親玉として戦艦、延いては大和が出てくるのは別に無理がない話に感じます。

平成生まれの私ですら、日本を代表する強大な存在として大和とゴジラが、ぱっと思いつきます。

酒井Pぐらいの年代だとまさに大和がうってつけだと採用したのは

ある意味当然のことだと思います。官僚や利権なんかはボスにしにくいでしょうしね

大和はEP4のボスとして相応しい

例えば大和をダブルのように深淵なる闇の噛ませとして

前座や雑魚エネミーのポジションで実装するのであれば、私も異を唱えていたでしょうが

EP4を代表するレイドボスならこれ以上のないはまり役だと思います。

『PSO2』において「地球」を舞台にし、「東京」を登場させると決めた際に、レイドボスを何にするか、という議論がありました。
その中では歴史上の人物や巨大な建造物など、いろいろな意見がありましたが、酒井には日本人にとって時を超えて大きな存在である「戦艦大和」の姿を借りた「幻創戦艦・大和」以外には考えられませんでした。
アクションゲームにおいて、敵キャラクター=エネミーはすべてのプレイヤーが接する存在であります。
その中でも12人で倒す緊急クエスト用のレイドボスというのは『PSO2』においてはエネミーの中でもより大きな扱いとなる、普通のゲームであれば、「ラスボス」のようなものです。
「恐れや想像を具現化する」幻創種の集大成として、現在においても多くの人の憧れや畏怖の象徴であり、強大な力をもつ「幻創戦艦・大和」は適役と思います

「幻創戦艦・大和」についてのご説明より引用

 

この説明は非常に納得のいくものでした。

好きなものだから味方として頼もしい存在にするというのも一理ありますが

好きなものだから敵として強大に描くというのもまた

好きなものに対する表現としては間違ってはいないと思います。

とくに戦うことが目的の戦艦なんですから

なおのこと対峙させる形の方がその力というか凄みというものは表現しやすいはずです。

ゲームバランスというものがありますから、

味方だと力の表現範囲というものはやはり狭くなってしまうでしょう

 

今回の件は正直SEGAに同情してます。

この「幻創戦艦・大和」については、アニメやPS4で新規勢が増えつつある今

その追い風として相当力が入っているなというのはPVからも感じられましたし

EP1からやってきて、一番ワクワクしたオープニングムービーでした。

 

菊花紋章の件は、酒井Pのこだわりが結果悪く出てしまい

現に炎上している以上、企業としての配慮が足りなかったと

このように高みから締めるのは簡単ではありますが

敢えて踏み込んで意見を述べさせて頂きますと

菊花紋章を滑稽にしたり、関係のないものに使ったのならいざ知らず

きちんと大和として再現したことに対して、何故不服なのかが正直理解できません。

今回実装されるのは大和であり

菊花紋章がモデルのボスが実装されたり、アイテムとしてドロップするわけではなく

そのデザインの方に、あまりにもとらわれ過ぎているというのが

この騒動を見ててまず思う感想です。

 

また戦後の匂いというものがまだあったと聞く昭和時代であるならば

菊花紋章や大和をゲームに出すこと自体が侮辱だという意見も頷けますが

第二次世界大戦そのものがゲームやフィクションとして蔓延っている平成の世

まして艦これのような女体化され、

もっぱら薄い本にされることまで許されている今日のネット上において

(別に艦これを悪く言うつもりはありません。むしろ好きなゲームです。)

なぜここまで過敏に反応するのだろうと思わざるを得なく

「菊花紋章を破壊する」などという歪曲的なデマで扇動し

批判ではなく、ただ叩くことだけを目的としたこの炎上に関しては

SEGAに同情しかありません。

 

この記事をシェアする!

 - 批評 , , , ,