pso2攻略サイト 箱通信

pso2の最新情報やクエストの攻略法などを紹介しているブログです。

ファンタシースターZEROのストーリー紹介

      2016/08/10

 

2016y06m24d_031551803

なんか最近エピソード4のストーリーボードを見ていると、どことなく話の設定というか内容がファンタシースターZERO(psz)と似ているように感じます。マザーという単語が頻出しているから脳みそが勝手に関連付けようと働いているだけかもしれませんが・・・

そこで自分の記憶整理も兼ねて、簡単にファンタシースターZEROのストーリーというのを紹介しようかなと思います。

以下ネタバレ注意です。(pso2ストーリーのネタバレも存在します)

舞台は同じく地球(コーラル)

地球の文明はどんどん発展していき、人類は栄華を極めていましたが、環境汚染による問題も抱えており、これ以上環境を破壊することはまずいと考えた人類はマザートリニティという生体コンピューターを作り上げ、環境の保護や汚染問題をマザーによって解決しようとしました。

マザーは使命を果たすべく、環境を改善するための様々な提案をしましたが、人類はそれをことごとく拒否し、今の快適な生活環境を変えたくないけど環境は良くしろと、一方的に理不尽な要求をするばかり

そうした人類の態度と環境問題を解決できないという自責の念に、マザーはだんだん精神を破綻させていき、そこに目を付けたダークファルスがマザートリニティを侵食してしまったのです。

狂気と化したマザーは、地球の環境問題を解決するためには一度人類を滅ぼす必要があると結論付け、人類に攻撃を開始します。

こうして人類とマザーによる大きな戦争が始まったわけですが、皮肉なことに人類は一致団結し、この新たな問題に立ち向かってきたため、マザーは逆に月まで追いやられてしまいました。

フォトンイレイザーにより地球の文明は壊滅

人類の思わぬ奮闘に、マザーは地球の環境がさらに悪化することを覚悟の上、まず生物兵器で生命力の低いニューマンを全滅させ、ナノマシンを用いてキャストを全て機能停止にさせます。そして止めにフォトンイレイザーという強力な兵器を使い、地上の全てを破壊して戦争は終わりました。

しかしフォトンイレイザーを使ったにも関わらず、しぶとく生き延びているヒューマンがいることに驚いたマザーは、月で新たにニューマンを再生し、自分が正しくて地球にいるヒューマンは文明を滅ぼした愚かな下等生物だと洗脳教育を施します。

ちなみにマザーはうっかりやさんで、自分に最後まで立ち向かってきた英雄のニューマンもまた再生しちゃいます。これが種族をニューマンに選んだ際の主人公

※pszは主人公の種族によって若干ストーリーが変化します。

こうしてヒューマン達に敵対感情を植え付けたニューマンの軍隊を使い、再度地球に攻撃を仕掛けるのが物語のはじまり

最初は攻撃をやめてほしいとマザーに直接交渉するため、月へと向かう主人公達でしたが、マザーの実態が分かるにつれ討伐へ・・・とストーリーが展開するのがpszです。

(当然ながらマザーが攻撃する理由や過去に何があったのかは、ストーリーの終盤で明かされ、ゲーム開始時には戦争があったことすら誰も知らず、急に文明が失われた大空白と語られている。)

 

PSO2のストーリーと似たような点

マザーと慕われる絶対的な存在がいる

pszのマザーもpso2のマザーも共に神のように崇拝されており、その指示や決定は絶対で、さらにマザー自身は姿を現さず、指示や会話は選ばれた者の脳内に直接語り掛けるというの点が共通しています。

地球を破壊する目的はない

pso2のマザーもおそらく地球そのものは愛しており、ダークファルスのように惑星そのものを破壊してしまおうという思想ではないところがpszのマザーと同じですね。

オフィエル「マザーはこの地を愛している。無闇に傷つけるのは許されん。無意味な破壊行為をいつまで続けるつもりだ。」

配下から裏切者が発生

pszではマザーの配下であるニューマンから何人か、マザーに疑問を持ち刃向かう裏切者が発生しています。(代表的なのはヒロインでもあるサリサ)

pso2でも一度はマザークラスタに所属していて、マザーの配下であったヒツギが、今はこうしてアークス側についているわけですから、マザーを裏切って刃向かう人が出ているという点でもpszとpso2は同じです。

もしかしたらコオリも最終的にはアークス側に!?

pszでサリサの上官にレーヴェという隊長がいるのですが、物語の中盤までマザーの指示には絶対で、サリサの話をまともに取り合わず、何度も襲撃してきます。

でも主人公やサリサの殲滅に幾度となく失敗したため、マザーに愛想を尽かされ捨てられてしまい、そこでようやくサリサの話を聞いて仲間になり、最終的には共にマザーの討伐に向かうわけですが、もしpso2がこのpszのストーリー展開を意識しているのであれば、コオリもこのレーヴェ隊長と同じ軌跡をたどって最終的に仲間になり、一緒にマザーを倒すという展開になるかもしれません。

 

pso2のマザーの目的は!?

2016y06m24d_023104386

とまあ現在エピソード4で展開されているストーリーは、なんとなくPSZと似たような点がいくつかあるんですね。シリーズファンへのサービスなのかな?

ただpszのマザーは「地球の環境を守る」ことが地球人を攻撃する理由だったのですが、pso2のマザーがアークスを攻撃するのはどうやら「復讐」のため。

復讐ということは何か因果があったからこそ使う言葉であり、単にアークスが地球に介入してきたから排除しようというpsz的な自浄作用で動いているようではない様子。

少なくとも地球人の文明力からマザーを作り上げた可能性は低く、EP3の最後に外伝でアウロラが語っていた、亜空間に捨てたシオンのコピーの失敗作か、深淵なる闇を封印する際に犠牲になった一人のフォトナーが関係してそうですね。

他に思いつくことといえば、実はシオンがシャオ以外のクローンも生み出しており、それがシオンを犠牲にしたアークス許すまじと復讐を開始したぐらいかな。話の展開としては雑すぎる気もしますが_(:3」∠)_

2016y06m22d_220620207

ただ何故アルの捕獲に拘っているんでしょうね。アル君、ヒツギがキャラクリしたアバターに過ぎないんでしょ?最初で黒いダーカーっぽいモヤモヤに取り込まれかけたのが原因なんですかね~

この記事をシェアする!

 - ストーリー , ,