ホーム 批評 素材倉庫は1500ACのレ...

素材倉庫は1500ACのレンタル制みたいです。

0
シェア

EP5で実装される大型アップデートの1つ「素材倉庫」の全容が、7月8日のアークスライブで明らかにされました。

多くのユーザーの予想とは裏腹に30日1500ACという高額な課金コンテンツであることが判明し、炎上案件になっております。

基本情報

  • ACでレンタルする素材アイテムのみを収納できる倉庫
  • 30日は1500AC。90日は3600ACで販売。
  • 素材アイテムを2500種類、65000個収納可能。
  • 素材倉庫に素材を入れたまま納品する機能倉庫間でのアイテム移動といった機能を今後追加予定。

濱崎ディレクター

不便だろうなということもあり、初回は今圧迫している素材を入れるだけの機能を急ぎ実装したという形になってしまいましたが、今後、便利な機能ですとか、こうして欲しいといった機能を追加させて頂く予定です。

現時点ではあまり魅力を感じないものの新機能は興味深いですね。

木村ディレクターによる補足

(素材倉庫は)拡張倉庫を使っているんだけれども素材が入りきらないって人へのサービス。

今拡張倉庫を使っている人がこっちに切り替えれますよ、1個にまとまっているので便利ですよと、なので倉庫に関しては基本プレイの範囲内じゃないです。

倉庫の拡張はオンラインゲームにとっては難しいところで、実装するには時間もかかるし負荷もかかる。

これを皆さんに使っていいですよとなると機能として成立しなくなる。本当に必要な人にだけ使っていただくことで、ある程度負荷も抑えることができます。

別にこれでお金を稼ぎたいというわけじゃないんですよ。これぐらいの金額に設定しないと今の拡張倉庫との売り上げのバランスが取れなくなってしまう。

これを無料で提供すると皆さん拡張倉庫を買わなくなっちゃうじゃないですか。そうなると僕らはただ損をするだけになってしまいます。

プラスにしたいと思ってないんだけど、新しい機能を追加することでマイナスにはできないので、それを分かって頂きたいです。

総評

まずこの素材倉庫については、ギャザリングの素材が倉庫を圧迫しているというユーザーの要望があり、過去の放送でも「倉庫を急に増やすのは難しいのですぐには対応できないが、素材の問題は認識しておりいずれ対応する」という回答があったことから生まれた物だと認識しています。

それで自分が思うに、前々から「ギャザリング素材が倉庫を圧迫している」と不満を挙げているユーザーの多くは拡張倉庫を利用していない方だと思うんですね。

そこがまず木村ディレクターのいう「拡張倉庫がいっぱいで埋まってる人を対象にしたサービス」というのと「ギャザリング素材の圧迫を何とかして欲しい」というユーザーとの間で食い違っており、現に炎上しているのかなと思います。

今はキャラ倉庫なんてものもありますし、正直、拡張倉庫までをフルに稼働させているようなユーザーが「ギャザリング素材がいっぱいで倉庫が足りない」なんて状況は自分にもあまり想像がつかないです。

まあ負荷がかかるからそんなに多くのユーザーに利用してほしくない。キャラクター名やプレイヤーID変更のような一部ユーザーへの救済処置としての実装であれば、まだ1500ACという金額に理解できますし、これに課金する人どれだけいるんだよwと笑い話で流せる金額設定なのですが、ギャザリングの素材圧迫については結構前から問題視されていた内容だっただけに、EP5にて満を持しての実装として、この金額と対応はちょっと腑に落ちませんでした。

キャラ倉庫が無料で300枠も頂けたんで、少し期待していた分の反動が大きいというのもありますけどね・・・高くても買い切りならまだ良かったんですが、出し入れの多い素材限定の倉庫をレンタルとなると中々手が出しにくいです。

とりあえず木村ディレクターの言う「これでお金を稼ぎたいというわけではない」というのが真意であるのであれば、既存の輝石や素材について、今後の利用方針や予定を一度明らかにしてほしいというのが今の切実なお願いです。

「アップデートを重ねるごとにアイテムが増えるのはオンラインゲームの宿命」これには納得していますし当然理解ができる話です。

ただ、いくらアイテムの種類が増えようが、もう不要なものと判断できれば我々ユーザーの方で勝手に処分するのですが、今は不要でも後から急に使い道のようなものを増やされると、もう要らないものでも安易に捨てるわけにはいかず、倉庫がどんどん圧迫されていってしまいます。

とくにオフス武器やギャザリング料理のような前例があるPSO2では、今は不要で捨てたいものでも捨てるわけにはいかないと、倉庫の圧迫に拍車をかけていると思うんですよね。

経営戦略として、わざと不透明にすることで倉庫への課金を促しているのであれば、道理としては理解できますし諦めもつきますが、もし本当にユーザーの倉庫圧迫を問題視していて、なんとかしてあげたいという意欲があるのであれば、一言「もう既存のアイテムの別の使い道は用意しない。現時点で不要と思えば捨てて構わない」と仰っていただければ、負荷を気にせず多くのユーザーが救われるだろうにと思うところであります。

実際、esの交換素材やガバスチケットなんかは、たしかにせっかく集めたのに再配信の時に使えないのかという落胆はありましたが、もう使えないから捨てても大丈夫という確約をして頂けたのは大変ありがたかったです。

返信

コメント入力
名前を入力してください。