pso2攻略サイト 箱通信

pso2の最新情報やクエストの攻略法などを紹介しているブログです。

新ペット「シンクロウ」の性能と評価

      2016/08/28

2016y08m28d_175907363

基本情報

  • コンボを繋げることでPAの威力や範囲が上昇
  • 気絶状態のペットから交代で出すことで威力か消費PPが軽減
  • 全体的に消費PPが少なくかなり燃費のいいペット

8種類目となるサモナーの新ペットはサリィと同じ人型のペット「シンクロウ」

コンボを繋げることで性能が向上するだけでなく、ガードポイントを搭載したPAがあったりと、従来のペットに比べてアクション性が高いのが特徴です。

コンボを上手く使おう

まずシンクロウは異なるPAを使いコンボを繋ぐことでPAの威力や範囲が上昇するというのが最大の特徴で、全てのPAがコンボを前提に調整してあるといっても過言ではないためコンボを使えないと話になりません。

コンボの注意点

  • 通常攻撃を使うとコンボがリセットされる
  • シンクロウゲキもコンボにカウントされる

シンクロウのコンボはファイターなどのコンボとは異なり、通常攻撃を挟むとカウントが0に戻ってしまう点には注意が必要です。敵が移動した際は、追尾するシンクロウザンか手元に寄せるシンクロウダンを上手く使いましょう。

またシンクロウの目玉とも言えるシンクロウゲキは、使うと一旦コンボがリセットされますが、シンクロウゲキ自体が最初のコンボにカウントされるため、2回目のシンクロウゲキは間に3つのPAを挟めば使うことができます。

最初に最大威力のシンクロウゲキを放つには

A→B→A→B→シンクロウゲキ

とシンクロウゲキの前に4つのPAを使う必要がありますが、そのまま2回目のシンクロウゲキを繋げた場合は

A→B→A→B→シンクロウゲキ→A→B→A→シンクロウゲキ

と間に3回のPAでコンボが完了します。

基本コンボ

ダン→ザン→ケン→ザン→ゲキ→ザン→ケン→ザン→ゲキ

シンクロウゲキは強力なものの範囲が狭く、直前に位置調整が出来るザンを挟むのが効果的です。またザン自体がDPSと燃費に優れたPAであるため、コンボを稼ぐ上で積極的に多用していきたいこともあり、手元に戻ってしまうことから途中に挟みにくいダンを最初に使い、ザンで稼いでいくこれがおすすめするコンボです。

基本コンボはこれで、敵の攻撃が来た際にガードポイントのあるキャクに切り替えるというのが主な立ち回りになると思います。

気絶状態のペットから出すことで性能が大きく上昇

シンクロウの性格はこうかつと仲間思いの2種類で、共に気絶状態のペットから入れ替えでシンクロウを出すと性能が大きく上昇するというものです。

基本的には膨らみカウントが0の状態でも、その辺のPAよりダメージが出るマロンストライクですぐに気絶させたマロンの後に出すというのが、シンクロウを使う上で欠かせないルーティンになります。別に気絶してすぐのペットでなければいけないわけではないので、シンクロウのために何体も気絶用のマロンを用意したり、復活時間が早いメロンを使う必要はないですね。

性格の効果が適応される時間

ペットを入れ替えない限り、エリアチェンジなどを行っても性格の効果はずっと適応されるようです。

性格はどっちがいいの?

現在自分は両方育成しているのですが、現時点ではやはり火力が上がる仲間思いの方が強いように感じます。

ただ所謂DoT攻撃(じわじわダメージを与えていく攻撃)を持たず、通常でコンボが切れてしまうシンクロウはPP回収には不向きなペットであるため、ヴィオラのようにPPが尽きたら交代するという運用になるのですが、こうかつにして更にみがわりロールを入れるとPPの消費減少は40%にもなるので、使えるPAが倍近くになるというのは、位置取りやガードにもPAを使わなければならない仕様を考えるとフットワークは圧倒的によくなると思うので、こちらも捨てがたいですね。

基本野良専で、周りの火力を当てに出来ないならこうかつ。固定とかですぐに敵が溶けるなら仲間思いが使いやすいかな。

シンクロウの評価

シンクロウの強さというのは燃費の良さにつきます。現在の主要なコンテンツでは、瞬発力が求められるため、火力が出るまでに時間の掛かるシンクロウがトリムに劣るという評価は致し方ないでしょう。

しかしトリムスタッブだけでは処理しにくい中型相手にはシンクロウの燃費の良さは大変重宝するもので、次に実装される禍魂集いし戦道のような黒の民を大量に処理しなければならないクエストでは活躍が期待できます。

初手に強力なダメージを与えれるトリムと後から強力なシンクロウで十分使い分けれるほどの性能はあると思うのが、現時点での私のシンクロウの評価です。

どこかの緑と違って十分育成する価値のあるペットだと思います。

 

この記事をシェアする!

 - サモナー ,