ホーム クラス ヒーロー ヒーローにおすすめのスキル...

ヒーローにおすすめのスキルリング紹介

6
シェア

新クラス「ヒーロー」におすすめするクラスリングを紹介していきます。

Lリング

L/エアリバーサル

空中で受身がとれるようになる。

デュアルブレードやダガーには及ばないものの、ヒーロー武器の対空能力は悪くなく、高度を維持し弱点部位を攻撃し続けるのに役に立つ上、比較的撃たれ弱いヒーローにとって、被弾時のリカバリーをサポートするこのリングは必要不可欠なアイテムです。

L/ステップジャンプ

ステップ後にジャンプを行うことでダッシュ状態へ移行する。

ヒーローが使う武器の回避行動はステップの判定になっているようで、ステップジャンプの効果がソード、ツインマシンガン、タリスの全武器で適応されます。

機動力が向上する他、スキルを取得していればステップジャンプからの2段ジャンプが可能になり、頭などの弱点部位への攻撃もスムーズになるおすすめのLリングです。

L/アトマイザーラバーズ

アトマイザー系アイテムを素早く使用できるようになり回復量も上昇する。

このL/アトマイザーラバーズを装着した状態でアトマイザー系のアイテムを使用すると、回復力が増えるだけなく発動時のモーションが高速化され、モーションの間は無敵状態になります。

ガードポイント持ちのPAやアクションは存在するものの、純粋なガードを持たず、判定の長い敵の攻撃をかわすことに難のあるヒーローにとって、緊急時の回避に使えるこのアトマイザーラバーズは、生存力に大きく寄与するでしょう。

スキルリングレベルを上げることで回復量が上昇しますが、無敵効果とモーションの高速化については変化がないため、緊急回避を目的とした場合、スキルリングレベル1でも十分使えます。

L/ステップJAコンボ

ステップ時にJAタイミングが発生するようになる。

ファーストブラッドという最初の攻撃をジャストアタックにするスキルを持つヒーローにとっては、ステップ後にJAリングを出す必要性はあまりないのですが(一応テクニックのJAには使えます)、このリングを装着しているとジャストアタックリロードというツインマシンガンのPP回復時に、通常を挟まずにステップだけでPP回復に移行できるため、取り回しが良くなります。

その他のLリングについて

L/テックCパリング

テクニック用武器のテクニックチャージ開始時にジャストガードが可能になる。

割と補助テクニックを使うことの多いヒーローですが、タリス使用時という条件があるため、活躍できるタイミングはあまりないように思います。

ダウン時などの定点攻撃を得意とするタリスとテクニックチャージ時のガードという効果は相性がいいとは言えず、タリスやテクニックを主体にして戦うプレイヤーでなければ、L/アトマイザーラバーズの方が活躍する機会が多いでしょう。

L/ジャンピングドッジ

高速で上昇し、敵の攻撃を回避する。

ジャンピングドッジによるジャンプは、通常のジャンプ1回分にカウントされるようなので、スキル:ネクストジャンプを取得していれば、ジャンピングドッジからさらにジャンプが使用でき、結構な高度まで一気に上昇することが出来ます。

現状では、ネクストジャンプのニ段ジャンプやPAによる高度上昇で充分であり、戦術的にジャンピングドッジが必要な場面はなく、対空し続けるプレイはヒーローカウンターとの相性も良くないことから、他のリングより採用価値は下がる印象です。

Rリング

R/HPリストレイト

プレイヤーのHPが一定以下になると、HPが徐々に回復するようになる。

極力、被弾を抑えたほうがいいクラスではありますが、オートメイト系のスキルを持たないヒーローにとって、生存力が上昇する貴重なリング。

とにかく迷ったらこれにしておけばいいと思います。

R/Pキーパー打撃

HPが一定の割合以上のとき、エネミーへの打撃攻撃のダメージが増加する。

ヒーローブーストやヒーローカウンターの都合上、必然的にヒーローはなるべく被弾しない立ち回りが求められるため、同じく被弾しないことで与ダメが増えるPKリングとの相性が優れています。

R/テックアーツJAPPS

異なるPAやテクニックを連続でジャストアタックするとPP消費が軽減される。

スキル:コンボギアアップとの相性はいいものの、同一武器限定でしか効果を発揮しない上に、気弾でコンボが止まってしまうことが難点。

その他のRリングについて

R/Cストライク打撃

打撃攻撃のクリティカル率が上昇し、クリティカル時にダメージボーナスを得る。

ウィークアタッククリティカルというスキルを取得する必要がある上に、基本的には弱点部位に効果が限定されてしまいますが、R/Pキーパー打撃とは違い、被弾しても威力を上昇させることが出来るという利点があります。

R/マッシブハンター

ダメージを減少させ、さらに打ち上げや吹き飛ばしも防ぐ。

スーパーアーマーが付与されるので混戦時に強くなりますが、被弾を前提としたこのスキルリングは、ヒーローブーストやヒーローカウンターとの相性が悪いです。

一応、被ダメージ軽減効果もあるので、発動時にヒーローブーストの被ダメ解除を少しでも予防できるという見かたも出来ますが、それならば軽減効果が落ちるものの常時効果が適応されるR/フレンズプロテクションの方が、サブパレットも圧縮されないので使いやすいと思います。

R/キリングボーナス

一定範囲内でエネミーが死亡するとPPが回復する。

敵へのアプローチが速いヒーローに向いているリングですが、ヒーローの雑魚処理能力に対して、キリング効果の範囲が狭すぎます。

6 コメント

  1. 一応 L/テックCパリング について
    ソード、TMGでもサブパレに入れてればテク使えるので
    スキル オールテックPPセイブとも相性いいと思いますよ。

  2. 攻撃系リング以外にもLメイトラバーズとRクイックメイトの組み合わせも便利ですよー
    メイト使用時の硬直化を減らせてモノメイトでも回復量の上乗せがありますし硬直ほぼなしの一瞬でHPの30%回復できるってのは回避手段が乏しいHrにはうれしい効果が
    火力は元々そこそこ出るクラスなのであえての組み合わせで自分は運用してますねー

  3. 説明が不十分でしたので追記しました。
    アトマイザーラバーズ装着時にアトマイザー系アイテムを使うとモーションが高速化+モーション中は無敵状態になるので、大半の攻撃をガードというかやり過ごすことが可能になります。
    とくにスターアトマイザーは回復アイテムですから
    ツインマインガン装着時にうっかりPPを出し尽くした状態で瀕死状態に陥った時、PPを消費せず安全に体力を回復できたりするので
    持っていて損のないリングだと思います

返信

コメント入力
名前を入力してください。