ホーム キャラクリ 初心者のためのキャラクリ講...

初心者のためのキャラクリ講座【デフォルメ顔】

0
シェア

初心者のためのキャラクリ講座、第二弾はデフォルメ顔です。
最近、使いやすい髪型が増えたおかげか、徐々に流行の兆しを見せているこの顔バリエーションですが、実装された時期は意外と古く、EP2のアップデートと同時に登場しています。

キャラクリ講座

前回のスッキリ顔同様、新規の方でも実践できるように、オフラインキャラメイクの初期サンプルを改良しながら解説していきます。

下準備

まずは、メイクやアクセサリーなどの邪魔な装飾品を全て外してください。その後、髪型と髪色を自分のイメージするものに変更します。

ここまでは、スッキリ顔講座と同じなんですが、冒頭で説明したように、デフォルメ顔には適した髪型とそうではない髪型があるので、まずはその解説から行います。

デフォルメ顔に適した髪型

デフォルメ顔は他の顔バリエーションに比べて、各部位の位置が下に偏っており、どうしてもおでこが広く見えます。

そのため、前髪を分けたり上げたりしておでこが露出している髪型を使うと、眉毛から上の面積が大きく見え、脳みそが盛り上っているような印象を与えてしまうのです。(脳勃起と揶揄されているやつですね)。

また、これはスッキリ顔にも言えることなんですが、顔の彫りが少なくのっぺりしてるので、顔よりも髪型を輪郭として捉えやすく、頭頂部が目に付きやすいことから、若顔や幼顔を使うよりも頭が大きく見えてしまいます。

以上の点から、おでこが露出していないものやトップが認識しにくいものが、デフォルメ顔に適した髪型になります。

初期からある髪型だとツインアップかカジュアルレイヤーがおすすめですね。今回のキャラクリ講座では、カジュアルレイヤーを使用していこうと思います。

メイクやアクセサリーを外し、髪型と髪色を変更。

首まわりの調整

下準備が完了したら、さっそく調整に入ります。まずは首まわり。

ただでさえ頭が大きく見える顔バリエーションなんで、基本的には顔の大きさが最小になるように上記の調整を行いましょう。

輪郭の調整

元々、顔が大きいバリエーションなんで、横軸をいじっても大きく破綻することはないです。完全に好みで調整してください(今回、自分は右のように調整)。

縦軸に関しては、顔の長さが変化するところなので、一通り調整が終わった後、全体像を見て調整するといいでしょう。

目の調整

例によって、目の調整はまつ毛選択と一緒に

デフォルメ顔という平坦な顔の特性上、目は気持ち大きめに作った方が様になりますね。

画像右のように太めのまつ毛で目元を強調してあげると、鼻や口が目立たず、よりアニメのようなデフォルメ顔に近づけます。

口の調整

デフォルメ絵だと口が短い線だったり、描かれていないキャラを見かけることが多いとおもいます。

基本的に目と髪型と服でなりたつ画風なので、口や鼻は目立たないようにするのがコツ。唇は薄くなるように、なるべく縦軸は伸ばさず、横軸で口の長さを好みに調整してください。

鼻の調整

口と同じく、なるべく小さく目立たないようにする方が、デフォルメチックなかわいいキャラクターに仕上げられます。

鼻の高さ

キャラクターの個性として鼻を強調したいのでなければ、高さは画像右のように最小に調整しましょう。

デフォルメ顔に鼻なんて不要だー

鼻のサイズ

鼻のサイズ調整の縦軸で顔の大きさも変化してくるので、顔パーツの調整と合わせて一番最後に行います。

画像左のように、あまり小さくして顔を中心に寄せると頭が大きく見えてしまうので、適度に長さを取ってバランスをよくします。

顔パーツの調整

縦軸を中央に寄せるとおでこが広くなり、頭が大きく見えてしまいます。基本的には画像ぐらいまで縦軸を大きくして、顔のパーツが中央にくるように調整しましょう。

横軸は主に眉の位置調整になるので、柔和な顔にしたければ画像左のように上げて、キリっとした顔にしたければ画像右のように下げてください。

最終調整

好みの体型に調整し、もう一度全身を見て気になるところやバランスが悪いところを修正して完了です。

完成したキャラクターを初期アイテムでコーディネートしてみたのが画像左になります。

詰まる所、デフォルメ顔は頭の大きささえカバーしてしまえば、他の部位の調整は細かな差異が出にくいので、比較的誰でも可愛いキャラクターが作りやすい顔バリエーションだと思います。

基本的には頭部にアクセサリーを装着し、トップを分かりづらくすることを心がけるといいでしょう。

返信

コメント入力
名前を入力してください。