pso2攻略サイト 箱通信

pso2の最新情報やクエストの攻略法などを紹介しているブログです。

【pso2】クラスの解説とおすすめ

      2017/02/25

pso2では現在9種類のクラスが実装されており、プレイヤーは好きなタイミングでクラスを変更することが出来ます。

もしキャラクター作成時のクラス選択に迷ってこの記事にたどり着いた新規プレイヤーの方がいらっしゃいましたら、ゲーム内でいつでも無料でクラスチェンジが出来るので、直感的に気に入ったものを選択して問題ないですよ~。

この記事では、今のトレンドクエストや実装されているスキルやPAの使用感を元に、簡単なクラスの解説を紹介させていただきます。

各クラスの紹介

ハンター (Hu)

取得できるスキルがとても優秀なクラス

フォースとサモナーを除く全てのクラスのサブクラスとして重宝するため、まず育成しておきたいクラスです。EP2まではメインとしての評価はとても低く、座布団クラス(他のクラスの尻にひかれることから)なんて揶揄されていましたが、EP3以降からは色々と上方修正が入り、クラスボーナスやパルチザンの新PA「ヴォルグラプター」の登場により、案山子相手(こちらが一方的に殴れる状態)に対してとても強いクラスになっています。

ファイター (Fi)

ハンターより威力増加系スキルが多い、攻撃に特化したクラス

前後の位置取りを考慮した立ち回りや、きちんと使おうと思うと的確に攻撃を捌く技術が必要なので玄人向けのクラスと言えるでしょう。全体的にDPSが高く、咄嗟の回避やガードに優れている武器を扱うのでアクション性が高いクラスです。

レンジャー (Ra)

弱点を狙っていくことで高火力が出せるクラス

ボス、雑魚ともに対応できる万能職で、どんなクエストにも問題なく参加できるのが魅力です。特筆すべきはウィークバレット(通称WB)という敵の防御力を下げるスキル。自分を強化するのではなく敵の防御力を下げることが出来るので、マルチパーティー全員に恩恵があります。このスキルがあるおかげで、基本的にどんなクエストでもレンジャーが1人は欲しいという状況になっています。

最近ではWBの効果を弱体化するエネミーが登場したりして、EP3以前のような絶対的な存在ではなくなっていますが、それでも依然としてクエストにおけるレンジャーの需要は大きいです。

ガンナー (Gu)

対ボスに特化した火力職で

一点に集中して火力を上昇させるチェイントリガーというスキルがとても優秀で、ガンナーを含んだクラス構成はレイドボス相手によく使われています。

ただメインガンナーとしてみた場合、対雑魚処理は全クラスで最下位の性能ですし、レイドボスの仕様的に、

フォース (Fo)

テクニックを用いて攻撃する火力職。

座標テクニックによる無限射程範囲が最大の特徴で、防衛戦などの広いMAPで行うクエストでは他を圧倒する殲滅力を誇ります。また遠距離だけでなく近接戦闘の攻撃も優秀で、きちんと使いこなしているフォースは、遠近を支配する戦闘のエキスパートだと呼べるような性能があります。

ミッドレンジはバレットボウ・ランチャー・ジンガ/エアロに食われた感じがありますけどね。

テクター (Te)

補助テクニックで味方をサポートする支援職。

12人マルチでは必ず1人欲しいクラスで、テクターを出せるプレイヤーはどこの固定でも重宝されますが、このゲームに補助要員は1人で充分であるため、テクターが被ってしまった際に火力要因として見たテクターは全クラスで最低になってしまいます。

他のRPGでいうところのヒーラーに位置するクラスなので、そういう支援をするのが好きな方におすすめするクラスです。

ブレイバー (Br)

機動力と防御力に優れた使いやすいカタナと高火力のバレットボウを扱う火力職。

とくにカタナはガード性能に長け、スキルで無敵状態にもなれるので、ソロコンテンツにめっぽう強いことから、初心者にまずおすすめする武器種になります。

ただ防御性能に長けているだけではなく、立ち回りが分かってきたら、バレットボウを使うことでトップクラスの火力も出せるようになるので、PSO2を遊ぶ上でどのクラスで始めたらいいかと問われる際にブレイバーを挙げる方が多いでしょう。

最高の矛と最強の盾を持ったようなクラスです。(逆に最強の矛と最高の盾を持つのがサモナー)

バウンサー (Bo)

PP回収能力に優れ、単発威力が強力なジェットブーツか手数の多いデュエルブレードで対ボスエネミーに対して高い火力を出せるクラスでありながら、ニレンオロチを持つことで支援もこなせる柔軟なクラス。

部位破壊の多いレイドボスに対してはトップクラスのパフォーマンスを発揮します。

サモナー (Su)

ペットの育成にかなりの時間と費用がかかりますが、その分ポテンシャルが高いクラスで、現在最強クラスだという評価も少なくない新クラスです。

ペットを武器カテゴリーとして見た場合、他のクラスの倍以上も使える武器カテゴリーがあり、ソロクエストからレイドボスまであらゆる状況に対応できるというのがサモナー最大の長所。

しかしながら、使える武器カテゴリーが多いということは、それだけ強化しなければならない武器種類が多いということでもあるので、武器を揃える手間や費用といったところで初心者がいきなり手を出すのは難しいクラスです。

現在最も強いクラスは?

正直答えにくい質問です。

というのもEpisode3で大規模なバランス調整が行われて以降、完全とは言えないもののクラス間における戦闘能力の差は縮まっており、クラスの性能よりも各クラスの立ち回りを理解したプレイヤースキルの方が遥かに重視されている環境になっているからです。

Episode1においては、仮に全プレイヤーで1番上手いソード使いの方でも、その辺のライトユーザーがただジャンプして使うゾンデに太刀打ちすることは出来なかっただろうと思うぐらい明白にクラスによる性能の格差というものを感じましたが、今はどのクラスも中の人次第で強弱が変わるというのが大方の認識だと思います。

ただし同じ10万ダメージを与えるにしても、その場でPAを使うだけでいいクラスがある一方、いくつかの条件を満たす必要があるクラスがあったり、幅広いクエストで活躍できるという観点から強いクラス・弱いクラスという区分は出来るので、そういう点から紹介させて頂きます。

強いクラス

ブレイバー

 

弱いクラス

テクター

  • 補助テクニック要因は1人いれば充分
  • テクター自身が出せる火力はクラス最下位

テクターはマルチで1人は欲しいクラスなんですが、支援クラスという位置づけのため火力が低く、また支援テクニックを使うクラスは1人で充分であることから、テクターが被ってしまうと一気に弱いクラスになってしまいます。

編成を調整出来る固定メンバーでのクエストではとても重要なクラスですが、良くも悪くも周りのメンバーによって貢献度が大きく変わってしまうクラスです。

ガンナー

  • クラススキルの発動条件に見合った火力がない
  • 敵の攻撃を回避しつつダメージを与えるというクラスコンセプトがレイドボスとマッチしていない
  • 決定的な対雑魚PAを持ち合わせていない

まず全クラスで一番過酷と言ってもいいクラススキルが問題。

ただスタンス等のアクティブスキルを発動して攻撃するだけというクラスが多い中、ガンナーが火力を出そうと思うと、敵に張り付きつつ被弾が許されない立ち回りを強いられてしまいます。

そういったむずかしい制約がある分、他のクラスよりも飛びぬけて火力が出せるのかというとそうでもなく、きちんとスキルを適応させてようやく他のクラスと並ぶ程度。

さらにPSO2のレイドボスは、エネミーの攻撃と攻撃チャンスが交互にくる疑似ターン制のようなものなので、手数で継続的にダメージを稼ぐクラスよりも、ダウンなどの攻撃チャンス時に多くのダメージを与えるクラスの方がダメージを与えやすいんですね。

とくに主流のレイドボス「深遠なる闇」や「マザートリニティ」では、敵の攻撃時は回避かガードするので精一杯なほど隙がなく、スーパーアーマーやガードポイントがあるPAじゃないと攻撃がしにくいので、そういった背景から火力を出しにくいクラスだという評価は否めません。

ただしガンナーのスキル「チェイントリガー」自体は、それこそ攻撃チャンス時に多くのダメージを与えるスキルになるので、ガンナー自身の対ボス性能というのは言うほど悪くはないのですが、「チェイントリガー」はツインマシンガン以外の武器種でも使えてしまうため、より高倍率のPAや複合テクニックで使った方が火力を出せるという始末。

加えてマルグル型の期間限定緊急クエストでは、テンポの遅い雑魚処理PAしかなく、大型エネミーは狭いMAPで動くのでチェインフィニッシュが入れにくかったりと、クラスの強さはともかくとして不遇なクラスだとは断言できます。

 

この記事をシェアする!

 - 初心者ガイド ,